桑名石取祭トップページ

桑名石取祭 2012

2016/12/1

ユネスコは、日本時間12月1日未明、エチオピアのアジスアベバにて政府間委員会を行い山・鉾・屋台行事を無形文化遺産に登録することを決定しました。
これにより桑名石取祭の祭車行事も全国の33件の行事とともに登録されました。
桑名の宝が世界の宝として認められたことは、大変喜ばしい出来事です。
今後ともこの栄誉に恥じない祭として頑張ってまいりたいと考えております。
ユネスコ登録1

ユネスコ登録2




2016/11/24

11月22日、23日と熊本県八代市において全国山・鉾・屋台保存連合会 総会 八代大会が開催されました。
伊藤守会長以下16名で昨年の桑名総会のお礼を兼ねて参加して参りました。
全国の祭人と交流をし、八代妙見祭を見て参りました。
全国山・鉾・屋台保存連合会 総会 八代大会

2016/11/22

全国山・鉾・屋台保存連合会 総会において別会場にて本年の石取祭において多くの石取祭参加者より頂いた熊本地震復興支援の義援金を伊藤会長より蒲島熊本県知事に直接お渡ししました。
蒲島知事より桑名の石取祭関係者より頂いたご厚意を大切に使わせて頂くとのお言葉を頂きました。
全国山・鉾・屋台保存連合会 総会 義援金

2016/11/22

本年石取祭前に販売しました鉦のストラップですが、再入荷しました。
春日神社、石取会館にて販売をします。料金は1,200円です。
今回も売り切れが予測されますのでお急ぎください。

桑名石取祭ストラップ

2016/10/31

桑名石取祭が他の32の山鉾屋台を使った祭礼行事がユネスコ無形文化遺産登録への勧告がなされました。
最終的な決定は11/28〜12/2に開催されます政府間員会での決定となります。
詳細は以下のPDFファイルをご覧ください。

文化庁 報道発表(PDF)

2016/10/30

保存会総会が開催され、28年度決算、29年度予算、行事予定などが審議可決されました。
また新たな専務理事として伊藤 文郎(西榮町)、議長 石川 久高(西舩馬町)、副議長 水谷 司(西馬道)が選出されました。
29年度の石取祭の実行を取り仕切る年番祭事委員は廣瀬 邦彦(北市場・第十一組)、伊藤 金吾(南市場・第十組)が選出されました。
平成29年の石取祭は8月5日、6日北市場整列です。

2016/9/25

2016年フォトギャラリーを更新しました。

2016/7/31

8/1~8/8まで、祭礼期間中のため、問合せフォームを停止しております。
あらかじめご了承ください。


2016/7/20

石取祭が近づいてきました。本年の公式ガイドブックが出来上がり、春日神社、石取会館、桑名市内のコンビニ等で1冊300円で販売中です

試楽の見どころマップは コチラ
本楽の見どころマップは コチラ

2016/7/18

第46回石取祭囃し優勝大会が開催されました。
各部門の入賞チームは以下の通りです。

●子供の部
優 勝 上野町
2 位 鍛冶町A
3 位 中央通
敢闘賞 西鍋屋町
上田賞 福江町
保存会特別賞 馬道、春日町、東鍋屋町A、萱町、西馬道B。

●女子の部
優 勝 馬道
2 位 片町
3 位 傳馬町
敢闘賞 西馬道
上田賞 東鍋屋町

●一般の部
優 勝 東鍋屋町
2 位 西鍋屋町
3 位 傳馬町
敢闘賞 中央通
上田賞 馬道

第46回石取祭囃し優勝大会第46回石取祭囃し優勝大会

2016/6/5

本年の石取祭の渡祭順を決める「御籤占式」が執り行われました。厳粛に御神事が行われた後、各町祭事長により御籤が引かれました。 ⇒コチラ
花車は東鍋屋町、末車は職人町がひきあてました。石取祭本楽渡祭は8月7日午後6時半から始まります。
本年は南市場整列、三十七台の参加です。

2016/4/10

4月23日に「ジュニア・サミットin三重」の交流事業として、なばなの里で石取祭を行います。

各組より祭車の提供を協力頂き、40町上げてジュニアサミットに参加されるJ7の参加者たちと交流して頂きます。

午後3時には祭車を整列(なばなの里A駐車場)、夕方6時頃にはJ7が到着され、石取祭を体験して貰います。

また当日は、なばなの里に来園される全国からの多くのお客様にも、この秋にはユネスコ文化遺産登録されるであろう石取祭を知って貰ういい機会だと思います。当日の詳細につきましては各町役員を通じてお知らせしてありますが、重要点についてお知らせします。

◆石取祭参加者の皆さんへ
・祭車周辺での飲酒、飲食、喫煙はやめてください。
・祭車周りへの座り込みも避けてください。
・重文指定、ユネスコ文化遺産登録候補の祭の参加者として自覚を持って参加してください。
・祭車の運び込み、片付けと各組、各町の皆様には大変負担をおかけしますが、安全を心掛けて楽しく愉快にご協力お願いします。

2016/4/6

公益財団法人 岡田文化財団より本年も「桑名石取祭の市民とのふれあい拡大事業」に対し助成金を頂きました。
貴重な資金を有効に活用していきます。


桑名石取祭とは
桑名石取祭とは

石取祭(いしどりまつり)
は、桑名南部を流れる町屋川の清らかな石を採って祭地を浄(きよ)めるため春日神社に石を奉納する祭りで、毎年8月第1日曜日とその前日の土曜日に執り行われています。

町々から曳き出される祭車は、太鼓と鉦で囃しながら町々を練り回ります。 試楽(土曜日)の午前0時には叩き出しが行われ、祭車は各組(地区)に分かれ、組内を明け方まで曳き回し、その日の夕方からも各組内を回り、深夜にはいったん終了します。

本楽(日曜日)は午前2時より本楽の叩き出しが明け方まで行われ、いよいよ午後からは各祭車が組ごとに列を作り、渡祭(神社参拝)のための順番に曳き揃えを行います。 浴衣に羽織の正装で行き交う姿は豪華絢爛な祭絵巻を醸し出します。一番くじを引いた花車を先頭に午後4時30分より曳き出された祭車は列をなし、午後6時30分からは春日神社への渡祭が順次行われます。

渡祭後は七里の渡し跡(一の鳥居)を経て、午後10時頃より始まる田町交差点における4台ずつの祭車による曳き別れが行われるのも見逃すことのできない場面です。


桑名石取祭とは

国指定重要無形民俗文化財
桑名石取祭の祭車行事(くわないしどりまつりのさいしゃぎょうじ)
保護団体名:桑名石取祭保存会


この行事は、旧城下町桑名の総鎮守、通称春日神社で行われ、町屋川で採取した石を氏神に奉納することを目的とした石取りと呼ばれる行事が祭礼化したものである。

行事の中心は、8月第一日曜日の本楽とその前日の土曜日の試楽である。土曜日は午前零時より各祭車が鉦・太鼓を叩き始める叩き出しがあり、夜が明けると各町内が春日神社に献石をする。

夕方は、町練りと称して祭車を曳きまわす。日曜日は午前2時に再び叩き出しがあり、夕方には全祭車が町を練って春日神社前に集合する。この行事は、我が国の山・鉾・屋台の祭の成立過程において独自の展開過程をとったものとして重要な文化財として国指定を受けた祭りである。

 

2016石取祭

6月4日(日)

御籤占式

14:00〜

7月17日(海の日)

石取祭囃子
優勝大会

8月4日(金)

叩き出し

  24:00〜  

8月5日(土)

試楽

  18:00頃〜  

8月6日(日)

本楽

  13:00〜 北市場整列
18:30〜 花車渡祭
22:00頃〜 田町交差点曳き別れ


桑名石取祭ギャラリー
撮影協力
デン 真
名古屋ビジュアルアーツ


桑名石取祭ブログ

石取祭のまめ知識ブログ(外部リンク)

桑名石取祭グッズ

すべて販売中です。

桑名石取祭 絆


dydo日本の祭り

ダイドードリンコ「日本の祭り」2013(外部リンク)
今年応援する祭りに「桑名石取祭」が選ばれました。

問い合わせ先


桑名石取祭保存会
〒511-0039 三重県桑名市京町16番地
石取会館内
TEL:0594-24-6085


春日神社
〒511-0023 三重県桑名市本町46番地
TEL:0594-22-1913